プロフィール

ショコラ

Author:ショコラ
ようこそいらっしゃいました。
時に天使、時に悪魔な娘が二人。
おねえちゃんはラーメン大好き
重度の自閉ちゃん。
妹はプリキュア大好きなのに暴れん坊です。
ダンナは単身赴任から2013年念願かなって帰ってきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

04 | 2009/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
入院中のサプライズ2
すやすや眠るいい子ちゃんのわが娘。
が、多くの赤ちゃんがそうであるように最初はおっぱいを
飲むのが苦手。
バスケットボールに吸いつくような感じか?
口に対しておっぱいがでかいので飲みにくいらしい。

母乳で育てると軽く言ったがために助産師さんは
格闘してくれる。ていうか、これがまたすごい。
ぐわっとおっぱいをわしづかみ、ぐいっとべべの頭をもって
無理やり口に押し込む。
いいの?いいの?これで?かわいそうでないの?
挙句の果てにある助産師は(シフト制みたいでころころ
替わるのね)
飲めずにいるわが娘に
「ちっ!」と舌打ち。
え?舌打ち?今ちっ!て言った??
あなた、日本ならクレームの嵐やでこの助産師。
ネットでも叩かれるで。
でもなぜか外国なら許せる空気。なんでやねん。

なかなか飲めずにとうとうおしっこが出なくなりました。
マメのときにはなかったことなので、私もハラハラ。
言葉がうまく出ないのがもどかしい。

すると助産師さん、「お茶をあげてみるわ」
お茶?今「tea」って言うてたよな?
そしておもむろに小さいコップに入ったお茶を
流し込むように我が娘へ・・。
生後二日目にしてコップでお茶を飲むわが娘。
びっくり。
っつうか、人間やればできるもんですな。

その後、おっぱいを搾乳して哺乳瓶で
飲ませることになり、ミルクも足しておしっこも出るように
なりました。


スポンサーサイト
【2009/05/24 23:20】 | 海外出産 | コメント(0)
入院中のサプライズ
出産の疲れが取れるのか、いきなり母子同室。
以外にすやすやと眠ってくれるわが娘。
おかげで私もゆっくりと。。。とはいえ家のマメが
気になるところ。
ダンナに聞くと
「夜はちょっと思い出すみたいやけど、大丈夫」
と心強い言葉で安心しました。

入院中お楽しみはお食事。どんなんかなーと
思っていたら、一週間分のメニューが出てきました。
見てみるとランチが一番ボリュームあり。
で、3種類から選べます。
ポテトのラザニアとかお魚のクリーム煮、あと
ベジタリアン用のサラダ。
病院の食事と思えないくらいしっかりと味がついてて
おいしかったです。

夜はライトミールでサラダとパン。
毎食ヨーグルト、コーヒー、ミルクは必ず付いてます。
ランチは病院の中のカフェテリアと同じメニューで
ダンナさまたちはここで同じメニューを頼み
トレーに乗せて病室まで持っていき、奥様とべべちゃん
と一緒に食事することもできます。
私もダンナに教えたら、
「こんなとこで食えるかーー」って。
あなた今、病院中、いえヨーロッパ中の人を敵に回しましたよ。
こんなとこってこんなとこって、どこやねーーん。

そんなことで入院中は一人でがっつり頂きました。
それにしても夜の軽い食事はせつないなぁ。
もちっと欲しいなーと思ったわけで。
【2009/05/24 23:14】 | 海外出産 | コメント(0)
そして機内
そして搭乗。
ビジネスで、閑散期ということもあり事前に航空会社に
事情を説明してあったおかげで私たちの席の周りは
誰も座っておらず、ひとつの島を作って頂いてました。
ありがたかったです。無理やり閑散期の帰国に決めて
よかった・・。

席は一番前の真ん中。後ろの一列は丸々誰もいらっしゃらず、
右の方に年配の日本人のおじさまがお一人。
ちびマメはパシュネットですやすや。
マメはシートベルトもクリアして(ディズニーアニメの
おかげ)心配していた機内の音にも全然動じません
でした。シール絵本やいろんなグッズで盛り上げましたから。

ひとつあぶなかったのが食事。
キッズミールを頼んでいたものの、出てきたのは
ぶよぶよの魚のフライとグリンピースの煮たの。
マメ的には魅力のないものでした。
わがままでごめんなさいね。アテンダントさん。
眠くなってきたせいもあり、
こんなんいるかーーって感じで皿をどけます。
見るのもいやってか。
他に何かないか聞くと
(そりゃもう低姿勢で聞きましたよ、私。)
インスタントのラーメンがあるとのこと。
早速お願いしました。
マメは目の前に置かれると即食べれると思ったのですが、
実はお湯入れたてで、
「3分待ってね!」とアテンダントの笑顔。
ええ、ご機嫌なおこちゃまなら待ちますとも。
でもマメはすぐに食べだします。
アルデンテも程度があるんやで、マメ・・。

ともかく、それで気が済んだようで、大きな騒ぎには
なりませんでした。
キッズミールの皿を抱えて右往左往していた
私と姉が滑稽だったけど(笑)
(だって、目の前に置くと怒るので)
【2009/05/23 23:42】 | 帰国への道 | コメント(0)
引越し・・そして飛行機・・
引越しは大変でした。そりゃもう。
赤子抱えての引越しですもの。
幸い身内に手伝いに来てもらったので
かなり助かりました。

マメには一応スケジュールで示していたので
たいした混乱もありませんでした。
お気に入りグッズは残してたし。
ダンナがしばらく残るのでいろんなものが
そのまま置いておけるのが幸いしたかな。

そして感傷に浸る間もなく、
飛行機です。
もう緊張しましたがな。逃げ場ないもんね。
マメが最後に飛行機に乗ったのが3歳。
そして3年乗らず。聴覚ちょっと過敏。
スケジュールで説明して、恐らくしないであろうイヤマフ
持って、シール絵本、おやつ、おえかき(せんせいみたいな
大きいマグネットの)、そして小児科の先生に処方してもらった
睡眠薬・・などなど。
ええ、そりゃもう大荷物。しかも赤子グッズも盛りだくさん。
ちょっとの移動も汗だく。
フランクで免税店めぐりしたかったけど、マメの散歩に付き合いつつ
空港ではやたら歩き回っていた私です。


【2009/05/07 00:12】 | 帰国への道 | コメント(0)
ちゃんと帰国しました。元気です!!
放置にもほどがある!!
もう5月です。2月末、きちんと日本に帰ってきました。
みんな元気!マメも安定して毎日楽しみに通園施設
に通ってます。週一回療育にも通ってます。
先生もいい人ばかり、
ほんま周りの人に恵まれていることを実感。
日々感謝感謝。

でもダンナがいないとやっぱり身体的にきっついなー。
不惑に近いわたくし。
育児はほんま体力が必要ですな。
ていうか、いちいち「よっこらしょ」という自分にがっかりです。
でも言ってしまう。
そしてヨーロッパのあの風景が懐かしく・・
生ハムが懐かしく・・・
マカロンが懐かしく・・・
チーズが・・
パンが・・・

【2009/05/07 00:06】 | たのしいこと | コメント(2)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。