プロフィール

ショコラ

Author:ショコラ
ようこそいらっしゃいました。
時に天使、時に悪魔な娘が二人。
おねえちゃんはラーメン大好き
重度の自閉ちゃん。
妹はプリキュア大好きなのに暴れん坊です。
ダンナは単身赴任から2013年念願かなって帰ってきました。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
お注射
新型インフル、いってきました。
って昨年の話ですがね。

意外に早くまわってきちゃいまして。
マメが生まれた病院は小児かも併設されていて
先生は私も昔から知っている女医さん。

帰国してから一度行って、悪い印象は持っていません。

一応注射の手順書を見せて
れっつごー。

待合室ではうきゃうきゃ興奮気味ながらも
機嫌よく待っていました。

他にも4組くらいお待ちになっておられて、
ちょっと「あちゃー」って感じ。

で、マメの番です。

机においてある注射器見た瞬間に

「おちゅうしゃしないのーーーーーーー!!」

「ぎゃーーーーーー」

「いたーーーーーーい」(まだなにもしていない)

もう先生に「あきらめます」と言おうとしましたが、

先生のやっちゃいましょう的、オーラに押され
3人がかりで押さえて強制終了。

それはそれは大変でした。
身体もでかいし、声もでかい。
122センチ22キロ(小2なみ)
診察室から出たら、待合室はドン引き(笑)
そりゃそうだ。
あれだけ痛い声出されて、診察室から出てきた子は
誰よりもでかい女の子。
子供達は「どんだけ痛いねん。」と恐怖だったろうし、
親は「どんだけ怖がらせるねん」と怒りだったろうなぁ。

そんな状況にちょっと笑えた。

受付の人に「もう一回来なきゃいけないんですよねー」
と言ったら
「がんばってね」と励まされました。

やだ、もういかん。
スポンサーサイト
【2010/01/30 23:44】 | たいへんなこと | コメント(0)
<<とうとう卒園 | ホーム | 育成?支援?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。